ギタリスト鈴木健治のオフィシャルサイト

Life with Guitar ギタリスト鈴木健治

ギターレコーディングの専門サイト

ギターレコーディングの事なら➔➔『鈴木健治 ギター宅録のススメ』

Ovaltoneのニューオーバードライブペダル発売開始

投稿日:

今やギターのエフェクターに少し興味のある方なら知らない人はいないであろう、Ovaltone。

待望の新しいペダル2機種のメーカー直販が始まりました。

今回発表されたのは、Q.O.O. Blue editionとFOUNTAIN。いずれも歪みペダルです。両機種共にキャラクターは違えど、かなりのハイクオリティ。

僕はQ.O.O. Blue edition のトレーラー動画の音楽を作りました。是非御覧ください。

これ、かなり良いです。

結構ハードに歪ませられるのですが、タッチのニュアンスやギター本体のボリュームへの追従具合がとにかく素晴らしく、何より音楽的なんです。

実はOvaltoneとはかれこれ5年位のお付き合いになりますが、Ovaltoneの大ブレークのきっかけでもある、OD-FIVE 2 XTREMEというディストーションペダルには全面的に開発に携わり、後に自分のシグネチャーモデルでもあるKS-1もリリースされました。そういった経緯もありOvaltoneは今でも音に関して絶対的に信頼出来る数少ない仲間なんですよ。

 

動画の話に戻りますが、メインで聞こえるソロギターも設定など何も変えずに、弾き方だけでこういう有機的な変化を付けているんですよ。

メーカーサイトより。

Q.O.O. Blue Edition はハイゲインアンプの様なサウンドを基調にしながら、弾いた時の手応えとしてはもっと繊細です。

その特徴を言葉で言い現わすのは非常に難しく、サブネームの”unreal amp head type overdrive”(架空のアンプヘッドタイプのオーバードライブ)にはそうした新鮮で挑戦的なペダルであるという意味が込められています。

音色的にはOD-FIVE 2 Xtreme、KS-1からの流れを踏襲しながら、演奏性の面では音が歪み切る手前の領域に余裕を持たせる事で、ハードなだけでなく弱い表現や柔らかい表現も可能になり、より音楽的な演奏が可能となりました。

正にこのような感じです。ハイゲインアンプのサウンドに、艶と色気の様なものを加えた様な。

でも出てくるサウンドは決して枯れた感じではなく、モダンなテイスト。

何というか弾いた通りに反応してくれるディストーションペダル。

そんなイメージ。

もちろん良質なアンプの歪みは素晴らしいですが、

”unreal amp head type overdrive”(架空のアンプヘッドタイプのオーバードライブ)にはそうした新鮮で挑戦的なペダルであるという意味が込められています。

正に。

言葉で言うのは非常に難しいのです。

Ovaltoneのサイトに詳細説明がありますので、是非チェックしてみてください。

上の動画のギターは全てQ.O.O. Blue Editionの音ですので是非チェックしてみてください。

しかし、、本日受付開始1時間弱でファーストロッドは完売。。

いや〜スゴイ。

Ovaltoneのエフェクトの様な、質の高い機材が多くのギタリストに望まれ、購入されているという事は、良い音が多くの皆さんに評価して頂けるという意味でとても価値のある事だと思います。又、少しでも携わったひとりとしてとても嬉しい事ですし、これから手にするユーザーの皆さんの反応もとても楽しみです。

楽器店に並ぶ分がどの程度確保されているのか分かりませんが、8月21日(日)には楽器店での販売も始まるようなので、是非チェックしてみてください。

「エフェクターで作る歪み」へのイメージがきっと変わると思いますよ。

Ovaltoneのサイト

-Ovaltone, 宅録ギター、音作り、機材。
-, ,

Copyright© Life with Guitar ギタリスト鈴木健治 , 2018 All Rights Reserved.