ギタリスト鈴木健治のオフィシャルサイト

Life with Guitar ギタリスト鈴木健治

ギターレコーディングの専門サイト

ギターレコーディングの事なら➔➔『鈴木健治 ギター宅録のススメ』

◎シリーズ「今日のギターソロ」エピソード3アップ

投稿日:

◎シリーズ 「今日のギターソロ」エピソード3 をYouTubeにアップしました。

今回は3アングルで撮影してまして、手元とかもよく見えるようになってます。こちらです。どうぞ。(1分弱の動画です。)

と、今回はこんな感じ。音色いい感じでしょ?(^^)でもってカメラアングル変えると雰囲気出るでしょ?(笑)これ映像は全部iPhoneのカメラで撮影ですよ。(音は違います)ものは使いようですね、はい。4K画質の動画とかもちろん使いたい気持ちもありつつ、宅録ギター精神(?)で、今あるものを有効活用する事を優先にします。実は最近YouTubeの音質や画質、スマホ付属のイヤホンの感じとかあらためてリサーチしているってのもあって、毎回色々と細かい実験も兼ねているんです。実際今日のギターシリーズの#1 #2はロー(低音)が出すぎてまして音質的には失敗という事になります。(え?)   証拠はありますよ 笑まぁ今のところYouTube動画に関しては企業のバックアップがあるわけではないので、(仕事ではないという意味で)自己責任つうことでm(__)m今後さらに色々と腕を磨いていきますので!いやね、某スマホ付属のイヤホンがね、上も下も全然出てないんですよ、、言い訳しちゃいますけど。ロー出し過ぎちゃったじゃないか、、。イヤフォンは少し頑張っても良いやつ使った方が気分もいいですし、耳にも優しいですよ。これホントに。とは言え、どうせ自分を晒してアップロードするならせめて音はハイクオリティで。という基本姿勢は変わってません。あ、ハイクオリティというと高価格の機材がイメージされてしまうかもですね、高い機材=良い音、だけでは無いですからね。ここはひとつ高音色とかどうでしょう。造語ですけど、、。もしくはHigh Quality ToneでHQTとか。ハイクオリティな音というと様々な定義や考え方がありまして....(中略).....  なのです。なので、やはりギターの音色はハイレベルをキープしたいので、高音色(漢字変換されず)、HQTでいきましょう!(強引) それから、出ましたね、ZOOMさんから新しいマルチエフェクター G5n が。

一足お先にちょっと弾かせてもらったのですが、何が驚いたってあの価格ですよ。いや、それこそホントにHQT(ハイクオリティトーン)な機材なので。アンプシミュレーションなんてアレとかアレよりいいんじゃないか?と本気で思いましたし。  
あの音で3万弱とか安すぎでしょ。。まぁ宅録ギターの大きな武器になるには間違いないですね。もちろん宅録でなくても使えると思いますが、あれはかなり期待しちゃってOKかと思いますよ。しかし相変わらずのハイコストパフォーマンスぶりに驚きと拍手ですね!ZoomG5n1004225_2      ハンドメイドエフェクターブランドのOvaltoneも新しいペダルを発表して勢いに乗ってますし、(去年に続きNAMM行くのかな?)お付き合いのあるブランドが勢いあって嬉しい年明けです。そんなわけで、また次回☆彡  ギター演奏、各種音源製作、機材レビューなどお仕事ご依頼ご相談はこちらからお願いします。[contact-form-7 404 "Not Found"]        

-zoom, 宅録ギター、音作り、機材。
-, , , , , , ,

Copyright© Life with Guitar ギタリスト鈴木健治 , 2018 All Rights Reserved.