ギタリスト鈴木健治のオフィシャルサイト

Life with Guitar ギタリスト鈴木健治

ギターレコーディングの専門サイト

ギターレコーディングの事なら➔➔『鈴木健治 ギター宅録のススメ』

音楽をスマホで聞かない選択

投稿日:

IMG_8825

車載CDチェンジャーって知ってます?

うーん多分35歳以上の方にしか通じないかもしれませんね、、。その昔、車に好きなCDを持ち込んでドライブしながら大きな音量で聞くという行為は、「遮音性と一人の時間を兼ね備えた」、それはそれで至福の時間だったのです。そしてノーマルのCDプレイヤーは一度にCDが一枚しか入らないので、例えば10枚位のCDを立体駐車場のようなイメージ(ちょっと違うか)で自動で入れ替えていちいちCDを入れ替えなくても10枚分のCDの中から好きな曲をダイレクトに選べて聞けたんです。それがCDチェンジャーという物。「これで沢山の曲から選べて便利!」なんて思ったものでした。が、しかし、実際自分で選んで聞くのはせいぜい5曲〜10曲とかだったりして、他のCDは「もしかしたら聞くかな?」位な感じだったのでした。そのうち自分で好きな曲だけチョイスして録音したMDにシフト〜iPodの登場により自分で聞きたい曲だけリピートという流れに。(iPodには詰め込めるだけの曲は詰め込んでいても)

沢山の曲を持ち歩きたいわけではなかった。

個人差があると思いますが、個人的に能動的に音楽を聞く場合それほど多くの(数万曲とか)曲は全然必要なくて、好きな曲せいぜい10曲位を何回も聞くというスタイルなのです。何回も聞くことで曲が持つ世界の奥深い部分まで理解出来て、よりその曲に入り込んでいけるんですね。宅録ギター的には音の定位や空間処理バランスなども当然チェックします。そしてそうやって聞き込んだ音楽はその時の自分の生き様と共に記憶に深く残るんですよね。自分が若い頃そうやって何回も聞き込んだ曲を今聞くと、その頃の出来事や思い出がリアルに思い出せるし。そう、「音楽と共に生きている記憶」ってありますよね?ようは聞くかもしれない知らない曲よりも、好きな曲や理解を深めたい曲をじっくりと聞きたいんです。僕の場合。だからiPod、、(今はiPhoneですが)に入っている(今はクラウド上ですね)数万曲のうち実際聞くのは概ね100曲以内だったりするのが現実なんですね。
こういうパターンの人は少ないのかな??open-graph-default-728x382

定額制聞き放題。

今主流の定額制聞き放題、サブスクリプションサービスは、「一定の金額で物凄い数の曲から何でも好きなだけいつでも聞ける」という利点はあります。が、例えば3000円食べ放題の店で自分の胃袋がいっぱいになればそれ以上は食べることは許されても実際は食べられませんよね?それと同じとまでは言いませんが、定額聞き放題サービスにも通じる事はあるかと。世界最大手のSpotifyのトップページには数百万曲と書いてありますが、数百万の曲を全部聞くかな?俺はいいや(笑)
とても耳がいっぱい?で聞ききれないと思う。曲やプレイリストをレコメンド(紹介)してくれて、知らなかった素晴らしい曲に出会えるという最大?の売り言葉がありまして、それはそれで新しい発見もあり楽しい事だとは思います。が、やはり数百万曲はいいや(笑)なんて思うんですね。実際僕は定額制サービスに登録していますが、受動的に音楽を聞く場合はラジオを聞いている感覚とほとんど変わらないですね。とは言えこの巨大な流れを否定するつもりやCDの時代は良かったなんて主張してるわけではないですよ(笑)「音楽の聞き方」のひとつを自分を例えに書いてるだけ。人それぞれ音楽の楽しみ方は違うでしょうし、僕はどちらかと言うとじっくり深く聞きたい派なだけです。

音楽をスマホで聞かない選択

最近自宅でギターを録音する事が多いのは以前から書いていますが、
宅録ギター部屋改造計画その1    宅録ギター的カスタムイヤフォンのススメ
その用途でカスタムIEM(インイヤーモニター)のFitEar Airというモデルを購入した特典?で小さな音楽プレイヤーを頂いたのです。

fit earこの小さな音楽プレイヤーには今20曲位の曲が入っています。もちろんもっと沢山の曲が入れられます。この音楽プレイヤーは基本的に音楽を再生することしか出来ないので、他の、例えばゲームとかSNSとかネットとか、、そういう事に気が散ることなく音楽に入り込めるんですね。電車などで移動中はずっとiPhoneで音楽を聞くことが普通だったのでかなり新鮮です。というか自分には良いです。とても。しかも聞きたい曲を自分で選んで入れてますから曲をイントロだけ聞いて飛ばすような事も無いですし。今はモバイル環境でほとんどの事がこなせてしまう便利で時間の有効活用が出来る良い時代。とも言えますし、それはそれで恩恵は受けているとも思うのですが、こと音楽に関してはもう少し不便でも良いのかな?なんて思ったりしています。僕は楽しい誘惑はに弱い方なので(笑)何でも出来ちゃう楽しいスマホだと、ついつい音楽以外の事にも気が行ってしまうんですよね。まぁスマホ自体小さなコンピューターだと思ってるので当然なのですが。なので、機能が少ない音楽プレイヤーは僕にとっては必要なものなのかもしれません。どんなものがあるのか少し調べてみたら、結構あるしお高いものも。。定番のウォークマンもハイレゾ対応など色々あるんですね。SONY ウォークマン A20シリーズ 32GB ハイレゾ音源対応SONY ウォークマン ZXシリーズ 128GB ハイレゾ音源対応iriver !懐かしい。。いやー勉強不足ですが凄いちゃんとしたもの作ってるんですね。。値段もいい値段。DACをLR独立で内蔵とか。。
61XEqJiLKOL._SL1000_iriver Astell&Kern 192kHz/24bit対応Hi-Fiプレーヤー AK120 64GB (192kHz24bit対応デュアルDAC)ハマるとやばい予感がしますが、、FitEar等のカスタムIEM(インイヤーモニター)の性能もかなり良いので、本体にも拘ってみても良いかも。てか欲しい、音質に感動しそうです。  

-コラム, コラム ,テクノロジー,アナログ, ブログ
-, , , , , ,

Copyright© Life with Guitar ギタリスト鈴木健治 , 2018 All Rights Reserved.