ギタリスト鈴木健治のオフィシャルサイト

Life with Guitar ギタリスト鈴木健治

ギターレコーディングの専門サイト

ギターレコーディングの事なら➔➔『鈴木健治 ギター宅録のススメ』

【音源解説】パワーファンクメタルな小曲

投稿日:

最近は音作業しながらも宅録環境を日々アップデートしつつ、実験という名の仕事もやっております。
これね、自宅で作業するミュージシャンには分かって頂けるかと思いますが、良い音や良いプレイ新しい機材や楽器のための実験的な事も、仕事のための研究のひとつなのでそれ自体直接お金にはならないけど、「仕事のための研究」と堂々と言えると思うのですが、傍から見てると遊んでる風に見える事もあったりで、家庭内での理解を得るのが難しいケースってありますよね?有り難いことにうちは全く問題ないです。ここ最近は「凄く良い音や納得できる音源作り」をなるべく優先にしているので、「お仕事」って言うほど仕事仕事してなかったりするのですが^^; 究極の趣味と言うか、、、。
もちろんお受けした仕事についてはクライアント様の要望に出来る限りお応え出来るよう頑張りますよ!当たり前ですが。

今回は宅録ギターにおける録音方法の違いや編集テクニックなんかを。

そんなわけで実験も兼ねて音源を作ってみた曲をYouTubeに公開しました。LRステレオのダブルとかあるのでヘッドフォン推奨します。

パワーファンクなメタルっぽいジャンル的には謎の小曲です。これの中身の解説をしてみましょう。LRで鳴っているリフはアンプシミュレーターのプラグインを使って弾いてましてPositive GridのBIAS FXを使っています。
ちなみに現在セール中でお買い得になってるようですよ。iPhoneでも結構遊べるのでオススメです。iPhone版 BIAS iPhone - ギターとベースアンプデザイナーとモデラー - Positive Grid Inc
iPad 版 BIAS FX - Positive Grid Inc 
BIAS - ギターとベースアンプデザイナーとモデラー - Positive Grid Inc    

ハイゲインリフの効果的なエディット

LRのダブルはディレイで擬似ダブルにする手抜き方法でなく、ちゃんと2回弾いてますが、後に波形的には結構バキバキに切っています。主に音の切れ際や音符の長さを機械的に揃えているのですが、そうすることでDjent的な物とかスラッシュメタルなんかの、凄くヘヴィに歪んでて重たい音だけどリズムのキレも必要って時にその感じが出しやすいんです。。あれだけ歪んだ音で普通に弾いたら無音のところには必ずノイズがのりますからね。加えてキャビネットの箱鳴り的なブン!って所はあえて少し残してますので生っぽさは少し生きているかと。「例えばホントに8分裏ピッタリ」とかで切ってしまうと、生っぽさというよりも「機械的な感じ、無機質な感じ」がニュアンスとして強く出てきます。もちろんそれを狙ってなら全然アリなのですが、ここでは生演奏のニュアンスも残したかったので、リリースの切り方には注意しています。EQも極端なセッティングになっていますがそこは秘密で。音符のキレ際や音符の長さや休符の長さでグルーブが大きく変わってくるのですが、基本的には生演奏で気持ち良いポイントを理解してれば問題ないかと。後はジャンルや他の楽器との兼ね合いでフレキシブルに対応できれば。反対にセンターで鳴っているアドリブのソロは、アンプで鳴らしてマイクで録っています。こっちはエディット無しで勢い重視な感じですね。少々荒い部分は味という感じで。あ、これは現在絶賛製作中のギターアンプアイソレーションボックスの仮組みを使っています。それなりにいい音で録れるでしょ??宅録ギター自作アンプブースそのあたりの詳しい内容は、宅録ギター部屋改造計画シリーズで書いていますので興味ある方は御覧ください。
宅録ギター部屋改造計画その1    宅録ギター部屋改造計画その2    宅録ギター部屋改造計画その3  

録音信号のルーティングと便利なリフレクションフィルター

信号の流れはギター〜エフェクトボード〜アンプ〜マイク〜UNIVERSAL AUDIO APOLLO TWIN /DUO 〜DAWです。写真ではマイクはsm57しか見えませんがもう一本使ってミックスしています。
そう言えばsE Electronics ギターアンプ用リフレクションフィルター 、、どうなんでしょ?sEの別のタイプsE Electronics Reflexion Filter Pro はアコギ録音用に使っているのですが、試してみたいかも。。
ちなみにリフレクションフィルターってのは「宅録環境」なんかで環境音や反射音がマイクに入り込まないようにする用途等で使うのですがスタジオの無音空間に比べると普通の家ってのは想像以上に色んな音が出てるんですよ、これアコギとか歌とか宅録で録った事がある方なら「あーそうそうそう」と理解して頂けるかと思いますが。僕はアコギ録音の時は必ず使います。録り音が全然違いますよ。
ギターアンプ用はこんなんです。この囲いの内側にマイクをセットするので、外からの反射音や環境音をカットしてくれるんですね。ちなみに機材紹介ムービーで有名なPete Thornも使ってる模様。Seギター用リフレクションフィルター

そしてマイクでの音決めでは遮音性の高いFitEarのカスタムイヤモニを使っています。これは僕的に必需品ですね。これが無いとアンプのマイキングとか出来ません、、。以前から使っているMH334と最近ゲットしたFitEar Airを使ってるのですが、もしかしたら、、もしかしたらですが、FitEar Airの方が楽器単体のモニターには向いているかもしれません。というのはまだ使ってまだ日の浅い感想ですが、ハイの感じが所謂スタジオ常設のあのヘッドフォンに少しだけ似てる気がしてるんです。もちろんダイナミックとBAのHybridなのでローはもっとしっかり出ますが、楽器モニターっぽいと言うか、、。MH334はもっと高級感があっていい音のオーディオみたいな、、。こればかりは「ほら聞いてみ」と他人に聞かせられないのがカスタムの特徴でも有り歯がゆい所でもあるのですが、自分の耳の中の型に合わせて作られているので仕方ないですね。。ただFitEar Airは耳に入る部分が短いので試聴用でも雰囲気は分かると思います。宅録ギターにおけるカスタムイヤモニの使用法はこちらの記事でどうぞ。イヤフォンギター宅録そんなわけでつらつらと長くなってしまいました。。最後まで読んでくれたアナタ、相当な宅録オタクですねw(もちろんいい意味でですよ!)仲間ですね!(笑)ではでは皆さん楽しい宅録ギターライフを☆彡

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ギターレコーディングや宅録セミナー、音源制作などお仕事のご相談はこちらからお願いします。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

<p style="text-align: center;"> 

-Positive Grid, アンプシミュレーター, 宅録ギター、音作り、機材。
-, , , , , , ,

Copyright© Life with Guitar ギタリスト鈴木健治 , 2018 All Rights Reserved.