ギタリスト鈴木健治のオフィシャルサイト

Life with Guitar ギタリスト鈴木健治

ギターレコーディングの専門サイト

ギターレコーディングの事なら➔➔『鈴木健治 ギター宅録のススメ』

宅録ギター的カスタムイヤフォンのススメ

投稿日:

宅録ギターイヤモニ1

今日は宅録ギターのとある工程でとっても役に立つイヤフォンの使い方を。

ここ最近のアンプシミュレーターは本当に良く出来ていて、kemper等に代表される専用ハードからPositive GridのBIASのようなDAWと共に使うプラグイン、またPALMERのSpeaker Simulator のようなアナログのフィルターでスピーカーシミュレートするもの、少し変わった所ではスピーカーキャビネットのIR(インパルスレスポンス)データの再現に特化したTwo Notesの Torped なんてのもあります。MixIRのようなIRの作成〜読み込みしか出来ないプラグインもありますね。(扱いは簡単ではありませんがMixIR僕は良く使います)国産ではZOOMのマルチに内蔵のシミュレーターはコストパフォーマンス含めとても良く出来ていると思います。と、ホントに沢山ありますね!いくつかは僕自身所有して実際に使っています。
そして!本来の録音方法である、マイクを使ったギターのレコーディング!これもやはり捨てがたい良さがあります。

そんなわけで今回はアンプをマイクで録音する時の話になります。

自宅でアンプをマイクで録音、しかも自分で、、難しそう、、と思う方もいるかもしれません。実際に簡単な事とは言えませんし、僕自身試行錯誤している部分もあります。しかし、色々と工夫する事で生々しいマイクでのレコーディングが宅録でも可能になります。ちなみに我が家の音作業部屋はスタジオの様な防音はしていませんので、マーシャルフルで爆音なんて行為はヘタすれば通報されるレベルです。まぁ立地環境含めそこそこの音量は出せますが、スタジオのようには行きません。そんなレベルです。

そこで思いっきり役に立つカスタムイヤーモニター。

以前は自宅でマイク録音するにも勘でマイキングして録り音がよければラッキーという【失敗=弾きなおし】というかなりリスキーなことしか出来なかったのですが、カスタムのイヤモニを使うことで録音する音を自ら調整する事が可能になりました

具体的な方法。

宅録ギターマイク こんな感じでアンプの前にマイクを立てます。マイクは一本でも全然問題ありません。まずはアンプ録音の定番SHURE SM57 をオススメですね。値段も手頃ですし幅広い用途でも使えるある意味万能なマイクですよ。 そしてマイクをオーディオインターフェースに繋いで、録音したい音色をアンプやエフェクターなどで作りつつギターを弾きます。音色が決まったらオーディオインターフェースのヘッドフォン端子にカスタムイヤフォンを挿入します。

ここで言うカスタムイヤフォンとは、完全に密閉できるタイプの事を言っています。このタイプの強力な遮音効果も大事なポイントなので。以前は数十万以上の高価な物しか選べませんでしたがFitEarのような国内メーカーを始め以前よりはかなり入手しやすく選択肢も広がりましたし種類も随分増えました。

続いて、、イヤフォンの中で自分のギターが聞こえる状態にしてマイクを近づけたり離したり、アンプを狙う位置を少しずつ変えてみると、音色が驚くほど変化していくのがリアルタイムで確認出来るはずです。プラグイン等でもそのあたりのシミュレートは出来ますが、自分で実際にマイクを動かして音が変化するのはかなり興奮すると楽しいと思いますよ。 ここでポイントなのがカスタムの密閉式のイヤフォンだとアンプからの出音を遮音したまま、マイクで拾った音をモニタリングする事が可能だということ。普通のヘッドフォンや既製のイヤフォンですと、アンプの音がどうしても耳に届いてしまい、アンプをマイクで拾っている音が正確にモニタリング出来ないんです。実際の作業ではイヤフォンを外してアンプの音を確認したらイヤフォンをしてそれに近づけるようにマイクを動かして、音の変化を確認しながらマイキングするのが良いでしょう。

ちなみにうちでは現在小型のアンプブースも製作中でして、更に宅録ギターのクオリティアップが狙えそうです。
宅録ギター・アンプブースまだ実験試作段階ですが、試しにレコーディングした音源は結構良い感じ。

商業用レコーディングスタジオだとアンプ用の個別のブースがあるのが当たり前なので、このような事を自分で考える事は無かったのですが、今や宅録、、自宅でのギター録音は当たり前に行っていますし、当然ながら製品レベルでの音源を作成しますので個人での工夫は大事だと思います。少しでもクオリティの高い録音物を作りたいですし。あ、プロのエンジニアの皆さんは上に書いたような苦肉の作戦事なんかしなくてもマイクをポンと立ててるだけ(だけじゃないはずですが!)でちゃんとした音が録れてしまうんですね、、今更ながら流石としか言いようがありません。

この辺の事は絶賛発売中のDVD鈴木健治直伝! ギター宅録メソッド 〜ギターレコーディング匠の技とEDIT法〜 [DVD]でも詳しく話していますので是非チェックしてみて下さいね。(宣伝)    それからそう遠くない日に宅録ギターのワークショップも開催すべく諸々進めています。


 
元々はライブでのイヤモニとして使い始めたカスタムイヤーモニターなのですが、ギターの宅録でこのようにまた違った使い方が出来るとは、まさにモノは使いようですね!皆さんも是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。ギター宅録はアイデア勝負な部分が大きいですしね。


FitEar
製カスタムイヤーモニター。奥の透明なのが以前から使っているMH 334、黒い方が最近発表されて購入したばかりのFit Ear Air
fitterFitEarを使っているミュージシャンリスト(僕も載ってます)物凄い人数。。

ギターレコーディング等【お仕事】のご依頼お問い合わせはこちらからお願いします。
[contact-form-7 404 "Not Found"] 

-DTM, Positive Grid, 宅録ギター、音作り、機材。, 楽器、アプリレビュー
-, , ,

Copyright© Life with Guitar ギタリスト鈴木健治 , 2018 All Rights Reserved.