ギタリスト鈴木健治のオフィシャルサイト

Life with Guitar ギタリスト鈴木健治

ギターレコーディングの専門サイト

ギターレコーディングの事なら➔➔『鈴木健治 ギター宅録のススメ』

レビュー|EVE Audio SC203モニタースピーカー

投稿日:

EVE sc20311月末に幕張メッセで開催されたInter BEEに行った時に、Media Integrationさんのブースで試聴したモニタースピーカー,EVE Audio SC203がとても良い印象だったのですが、今回デモ機をお借りして自宅でチェック出来ましたのでそのレビューです。Inter BEEの記事はこちら。Inter BEE2015行ってきましたもちろん宅録ギター目線で行きますよ☆まずそのもの自体の大きさですがモニタースピーカーとしてかなり小さい方です。しかし様々な機能と工夫がされているそうで、音量はかなり出ます。宅録ユースとしてパワー不足を感じることはまず無いでしょう。EVE Audio SC203大きさはMacBookPro15インチと較べてこのくらい。あ、オフィシャルな製品紹介文を引用しますね。

コンパクトなデスクトップスピーカーSC203は、そのコンパクトなサイズゆえ、設置場所が限られているクリエイターのデスクトップ・モニターとしても、音質にこだわるホーム/ゲームユーザーにも最適なモデルです。このスピーカーにはFlexiPadというくさび型のオレンジ色のラバーパットが付属しており、0°、7,5°、15°で正確に角度を付けて、場所に応じて最適な角度で設置することができます。特徴・ダイレクトで美しい、3D空間イメージを再生する、多機能なマスター/スレーブ、ステレオ・スピーカー・サブウーファーを加えて2.1chシステムにも拡張可能・専用設計のμA.M.T.リボン・ツイーターと3インチ・ウーファー・背面にパッシブ・ラジエターを装備。サイズを超えた低域を62Hzまで再生・専用設計のPWMアンプを4つのユニット毎に装備・24bit/192kHz ADコンバーターとDSPコントロール機能・ハイ/ロー・シェルフ・フィルターとポジション設定・サブウーファー接続時のサテライト・フィルター・ステレオRCAアナログ入力、光TOSLinkデジタル入力、RCAサブウーファー出力・Mac/PCに接続して96kHzまでのデジタル信号をダイレクトに再生・0°、7.5°、15° で設置確度を調整可能なFlexiPadsを同梱・オプションのマイクスタンド・マウント・アダプター主な仕様寸法 : 【W】116mm【H】190mm【D】134mm重量 : 【Master】1.9kg【Slave】1.7kg【FlexiPad】0.19kg出力 : 【Woofer】30W【Tweeter】30W

との事。更に詳しくはMedia Integrationさんのこちらの記事で。まずリビングで軽く聞いた感じは「結構音量出るしバランスも良さそう」という印象でした。その後現在絶賛改善中の自宅音作業部屋(スタジオとは呼べない(笑))で大きめの音も出してみたのですが、やはりこの大きさからは想像できない音量と音圧が出ますね。低域が足りないって事も感じませんでした。定位感もしっかり分かります。うちのようなルームアコースティックが大雑把な所でもモニターしやすいと思いました。(部屋は改善中ですけどね!)もちろんクラブでのPA的な壁を揺らすようなスーパーローは出ません。(そんなん家で出す人も少ないでしょうけど)普通にモニタースピーカーと考えれば十分なレベルかと。それでももっとローが必要!という方には専用サブウーハーもあるのでそれを足してブンブン鳴らしましょう。EVE Audioアクティブサブウーファー試しに自分で録音したギター素材を再生してみましたが、クリーンから歪みまで素直に再生されました。低音弦のブリッジミュートの迫力もちゃんと出ます。(もちろん録り音ありきで録り音に無い帯域は再生されません)又余計な色付けがされないので音色のチェックもし易いかなと。僕も使っているFostexのギターシミュレーター向けアクティブスピーカーもそうですが、小さいけど低音から高音まで素直に再生してくれる物って増えましたね。各社それぞれの工夫をされているようです。限られたスペースで作業する事も多い「宅録」の世界なので、コンパクトで音がいいってのは嬉しいところです。FOSTEXプレイヤーズ・モニター PM30GEVE Audio SC203に戻りますが、インプットは赤と白のいわゆるピンジャック、パソコンからデジタルで繋げられるUSB、オプチカルイン(光入力)の3つ。EVE sc203写真でも分かるかもですが、前面にボリューム、ハイ、ローのコントロールが集約されていてパッと弄りたい時にサッと手が届く仕様。少し変わり種でポジションコントロールというのがありまして、スピーカーの置き方に合わせたDSPによる補正回路があります。オレンジ色の底面はスピーカーの角度を変えるのに使えます。少し変則的な使い方として、ライブにおけるピックアップ付きアコギのモニター用途にもバランス良くて良いかもですね。このSC203は便利なことにマイクスタンドに装着可能なので少し高い位置に設置すればバンド演奏の中でも自分の音が十分聞こえる音量は出せるかと。これまた話が少し逸れますが、ライブで「自分の音が聞こえない」という場合、スピーカーの向きを変えるだけで解決する事もありますので是非お試しを。ギタリスト的にはアンプの向きを自分に向けるだけで、ステージ上でのモニタリングの大抵の事は解決するものです。(ザックリ書いてます)フェンダーアンプ側面に謎の金属が付いている事がありますが、あれは地べたに置いたアンプを上に煽るための物なんですよ。(知ってるかそんなこと、、)あ、大きさも手頃ですのでギター宅録用モニターに限らず、パソコンやコンパクトオーディオプレイヤーの音を良い音で再生する用途にも強くオススメしますね。パソコンのスピーカーで音楽を聞く人は今や普通にいるかと思いますが、こういったいい音が出るスピーカーで音楽を聞いたりすると、たかが音楽からでも新しい発見やもしかしたら新鮮な感動があるかもしれません。といった感じでギター宅録目線の勝手なレビューでしたが参考になれば☆彡EVE AUDIO / SC203 モニタースピーカー

-DTM, 宅録ギター、音作り、機材。, 楽器、アプリレビュー
-, , , , , , , , ,

Copyright© Life with Guitar ギタリスト鈴木健治 , 2018 All Rights Reserved.