ギタリスト鈴木健治のオフィシャルサイト

Life with Guitar ギタリスト鈴木健治

ギターレコーディングの専門サイト

ギターレコーディングの事なら➔➔『鈴木健治 ギター宅録のススメ』

宅録ギター部屋改造計画その1

投稿日:

おかげさまでご好評頂いているDVD 鈴木健治直伝! ギター宅録メソッド 〜ギターレコーディング匠の技とEDIT法〜 [DVD] も絶賛発売中ですが、ギター宅録の達人、博士、プロ、フィクサー、、等と呼ばれるからには、日々宅録環境の改善に努めております。まずは散らかった音作業部屋の大掃除から。(そこかよ)いや整理整頓が苦手な自分ですが散らかっていると気分も乗らないという超自分勝手な性格なので、整理整頓〜部屋の機材等の配置換えを行いまして、モチベーションアップなうなのです。(単純)普段自宅で作業したり宅録したりするギタリストの皆さんのお役に立てる(かもしれない)僕の改善記録をこのブログに残そして行こう思います。まずはこの画像。
宅録ギター配置ギターの宅録ではギターを持ったままパソコンを触ったりキーボードを弾いたりする方が多いと思います。僕もそのようなシチュエーションは多いです。今まで様々な配置パターンを試してきましたが今回のこの配置はベストに近いかもしれません。まず、ギターを持ったままキーボードが弾きやすいです。去年Macをノートメインにしてから鍵盤の位置で試行錯誤していたのですが、KORGのMIDI キーボード microKEY2-61 を今回導入した事で諸々解決出来たのです。具体的に何かと言いますとこのテーブルの下に引き出しが付いているのですが、そこに置いてなるべく前面にはみ出さない鍵盤は意外と少なくて、少し大きめのものだと引き出しを多く出さなければならず、結果Macやテンキーなんかが遠く操作しづらくなってしまうのです。なのでこの大きさは自分的にバッチリなんです。ミニ鍵盤ですが僕はピアニストでは無いのでそれほど問題にはなりませんし、そもそも本格的には弾けません(笑)
miroKEY2というくらいですから当然1(ワン)もありまして、大きさはほぼ変わらないのですが、サスティンペダルが繋げないという残念過ぎる事情ゆえ使えなかったんですね。 microKEY2-61 で晴れてサスティンペダルが繋げるようになったため今回の導入になったのです。フィジカルコントロールや様々なCCを操作したりは出来ませんが、自分的にギリギリ両手で弾ける61鍵の鍵盤でシンプルなものって意外と少ないんですよね。値段も比較的お手頃でiOSにも対応してるのも嬉しいところです。iPadのアプリシンセも今やバカにできないというか全然使えるクオリティのものも多いですし。

iPadと言えば、ギターアプリのFinal Guitar Proも絶好調発売中ですので是非チェックを!iPhoneバージョンもあります。ギター(アプリ上ですが)も弾けてコードトーンやスケールもパッと分かるお勉強アプリでもあります。簡単にアドリブソロも弾けちゃうんですよ。僕は音関係の制作やスケール等の理論系の監修をさせて頂きました。おかげさまでアプリやゲームのギターサンプル作りはかなり上達したと思います。そういったご依頼がありましたら、この記事の一番下のフォームからお気軽にお問い合わせ下さい

あ、上の画像でもうひとつ!僕はコーヒーが大好物でして、一日5−6杯は飲むのですが、正面に向かって左側に飲み物を置くとギターのヘッドがぶつかる確率が非常に高く(当社比)僕自身過去に何度となく飲み物をぶちまけてしまった事がありまして、いくつかの機材を水没させてしまうという悲劇も決して少なくはありません。そんな事もあり写真には写ってないのですがテーブルの右側にちょっとしたミニテーブルを置いて飲み物はそこに置くようにしています。これ、かなり大事なポイントですね。

まだ今回の改造記録はあるのですが長くなりそうなので続きは次回に持ち越します!あ、アンプのブースを作ろうと思いまして場所決めを兼ねてダンボールやいらないカーテンなど使い設置して実験中です。宅録はこういった工夫や実験が楽しめるのも良いですね!
ではまた☆彡
宅録ギター・アンプブースお仕事の依頼等お問い合わせはこちらからお願いします。*個人事務所のTrue Tone Musicに届きます。
[contact-form-7 404 "Not Found"]

-DTM, ブログ, 宅録ギター、音作り、機材。, 自宅スタジオ
-, , , , ,

Copyright© Life with Guitar ギタリスト鈴木健治 , 2018 All Rights Reserved.