ギタリスト鈴木健治のオフィシャルサイト

Life with Guitar ギタリスト鈴木健治

ギターレコーディングの専門サイト

ギターレコーディングの事なら➔➔『鈴木健治 ギター宅録のススメ』

発売!鈴木健治直伝! ギター宅録メソッド 〜ギターレコーディング匠の技とEDIT法〜 [DVD]

投稿日:

はい、というわけで鈴木健治直伝! ギター宅録メソッド 〜ギターレコーディング匠の技とEDIT法〜 [DVD] 発売されました。ギター宅録メソッドDVD鈴木健治おかげさまで、Amazonでのランキングでもとても良い手応えでして、こういったDVDを出すのは初めてな自分としては少しホッとしています。もちろんランキングが全てではありませんが、プロのギタリストとして30年近くやってますのであまりにショボい結果だと、、ね。興味を持ってくれた皆様ありがとうございます。

このDVDの内容に少し触れてみますか。

ギター宅録メソッドというタイトルですので、当然ギター宅録(ホームレコーディング)についてがメインになります。
以下内容です。

スタジオミュージシャン・作編曲家として、これまで1000曲以上の楽曲に関わってきたギタリスト・作編曲家の鈴木健治による宅録メソッドDVD。

日本の住環境に考慮したセッティング例、安価で出来るセッティング等
自身の経験を元に自宅で出来る裏ワザセッティング、iosアプリなどの最新機材を紹介。

また、ジャンルの異なる6パターンのトラックにギターレコーディング・編集する実践的なシミュレーションをじっくり解説。
コードに対するギターバッキングアプローチや、ダビングの構築方法
DAWを駆使した編集テクニックなども収録している。大ボリュームの2時間! 

更に詳しくはページの下の方に内容が細かく書かれていますのでチェックして頂ければ。

ダイジェストムービーはこちら。

プロの世界でも自宅録音は今では結構当たり前でして、僕自身スタジオに出向くよりも自宅でレコーディングした物をデータで納品するカタチが圧倒的に多くなりました。個別に例はあげませんがここ1年位でレコーディングした曲の90%位はいわゆる宅録ですね。少し前になりますが、このCM音楽も演奏〜録音〜ミックスまで自宅で作業しています。
この曲はアコースティックギターをコンデンサーマイクで拾ってますのでルームノイズに気を付けましたね。それからこれは言わなくても良いのですが(じゃ書くなって)DAWならではの編集も少しやってまして、例えばど頭のハーモニクスが「♪♪♪♪〜」と鳴るところは一音ずつ別で録音した後に並べてフレーズを構築しています。(あまりこういう事はバラさないのですがね)一気に弾けないこともないのですが、ここで必要な事は一気に弾き切る事では無く淡々と綺麗に聴かせる事なので、そのあたりは容赦なく編集しちゃいます。こう書くと「インチキじゃねーかコラ」と思われるかもしれませんが、泣きのチョーキングでもなく、「無機質な感じ」という「味」を出すためには打ち込んでしまった方が逆に良い事もあるんです。まぁケースバイケースですね。こういった事もDVD の中では実演〜解説しています。もちろんちゃんと弾ける方にもヒントになるような実例やテクニックも紹介しています。(ご安心下さい)コード進行を元にその場でギターをレコーディングしている所も見られます。パンチインも自分でしてますから(笑)こうい音色でこういうフレーズを弾くのは何故か?等解説しています。宅録ギターのスキルアップに役立てば、、、です。

何故このような手の内をバラす様なDVDを出したのか

20歳でプロになってからレコーディングスタジオやリハーサルスタジオ、ライブハウスからドーム、スタジアムまでホントに沢山の場所で仕事としてのギターを弾かせて頂いてきましたが、このようないわゆる「手の内をバラす」ようなDVDを自分が出すとは想像していませんでした。むしろ秘密は秘密のままで、、と思っていたかもしれません。しかし、僕もいい年ですし(笑)何か音楽やギターに関わる事で、楽曲とは別に、自分にしか出来ないような事で何か残せたら良いなと思ったのが大きな理由です。ですのでどうせ出すならという心意気で出し惜しみなく手の内をバラしてますので(笑)ギターを弾いて録音する皆さんのお役にたてればとても嬉しく思います。又、今は何でも便利な分「創意工夫」や「ゼロから創作」みたいな事を忘れがちでもありますので、少し不便な時代も知っている自分がこのようなDVDを出すことに少しの意味があるのかもしれませんね。なんて大げさかな。。あ、いわゆるフレーズのドリルのようなモノではありません。それは自分がやる事ではないと思っていますので。もっと言えばギターソロらしき事はひとつも弾いていません。それでも2時間で収まりきれない事があるんです。今はDAW始め宅録機材も一般のユーザーの手に届く価格帯になりましたし、(昔はMac1台100万円とかですから!)パソコン(今ではiPadも)の性能もグンと上がってちゃんとしたクオリティの作品を宅録で完成させる事は技術的に可能になりました。 逆に言えば使い方を間違えるとせっかくの良いアイデアや演奏も台無しになってしまいます。そのあたりは沢山のケースに遭遇し渡り歩いて来た(大げさw)自分が少しはお役に立てるかと、、、。実体験でしか理解し得ない事は多くありますし、僕自身が経験していないことは説明も出来ませんしね。そんな訳で皆さん楽しい宅録ライフを〜\(^o^)/
鈴木健治直伝! ギター宅録メソッド 〜ギターレコーディング匠の技とEDIT法〜 [DVD]p.s.発売記念に久し振りに宅録ワークショップをやろうかと検討中です。 

-DTM, お知らせ, アンプシミュレーター, コラム ,テクノロジー,アナログ, ブログ
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© Life with Guitar ギタリスト鈴木健治 , 2018 All Rights Reserved.