ギタリスト鈴木健治のオフィシャルサイト

Life with Guitar ギタリスト鈴木健治

ギターレコーディングの専門サイト

ギターレコーディングの事なら➔➔『鈴木健治 ギター宅録のススメ』

空間系エフェクト。掛け録る?後掛け?

投稿日:2017年5月1日 更新日:

オンラインマガジン、鈴木健治の宅録ギター最新号配信しました。

ギターレコーディングにおいて切っても切れない関係の、ディレイやリバーブなどの所謂「空間系」エフェクト。

CDや配信等の音源に収録されたギターで、この空間系エフェクトが全く使われない事は極めてまれな例でして、よほどの狙いがなければまず何かしらの空間系エフェクトが使われていると言っても過言ではないでしょう。

ところでこの「空間系」という言い方を最初に考えた方、、凄いですね。これ以上的を得た「系」的言い方は無いのでは?ディレイやリバーブなんかは、まさしく「空間」を演出するエフェクトですから。広くキレイな空間、狭くて歪んだ空間〜現実ではあり得ない空間、色々とありますが。

掛けて録るか、あとで掛けるか。

主にレコーディングでは、空間系エフェクトを掛けた状態で録音する「掛け録り」とドライな音で録っておいて後にDAW等で掛ける「後掛け」と、大きく2種類の方法があります。

この掛け録りと後掛けでニュアンスや利便性などかなり変わって来るんです。

今回はこの両者の違いや使いわけなどを解説してみます。

 

マガジンの内容を更に詳しく読みたい方はこちらからどうぞ。

noteで配信中です。

-DTM, note, エフェクター, セミナー、レッスン, 宅録ギター、音作り、機材。, 宅録ギターオンラインマガジン
-, , , , , , ,

Copyright© Life with Guitar ギタリスト鈴木健治 , 2018 All Rights Reserved.