ギタリスト鈴木健治のオフィシャルサイト

Life with Guitar ギタリスト鈴木健治

ギターレコーディングの専門サイト

ギターレコーディングの事なら➔➔『鈴木健治 ギター宅録のススメ』

「シネマ・ミュージック withサラ・オレイン」でした

投稿日:2017年4月9日 更新日:

サラ・オレインさんのシネマミュージックコンサートにエレキギターと一部アレンジで参加させて頂きました。

会場はあの紀尾井ホール。

僕自身は初めてのステージです。由緒ある”正統派なクラシックホール”ですからね。

とても心地よい響きを体で感じることが出来ました。

 

サラ・オレインさんとは初めてご一緒させて頂きました。

彼女の素晴らしさと多才さを言葉で言うのは難しいのですが、

一言で言えばPerfect。

歌にヴァイオリンに演出からプロデュースまで、ホントに素晴らしかったです!

 

 

終演直後のスタンディングオベーション!

僕も心の中では思いっきり拍手でした。


機材面では今回LINE6 HELIXをライブで初めて使ったのですが、色んな意味でバッチリでした。

モニターは完全にイヤモニでFit Ear のカスタム。

生楽器メインのところでエレキギターを弾くのって、音量はもちろん、ちょっとしたサウンドチェックにも結構気を使うのですが、今回はHelixのラインアウトで完全にイヤモニなので、個人的なチェックは周りの皆さんに迷惑かけず無音で出来ますし、「ギターの音うるさくないかな?」なんて心配もしなくて済むのはとても助かりましたね。こういう事ってプレイにも影響してきますからね。

でもって、エレキギターがクラシックな生楽器とも共存出来うる事を再確認できたのは嬉しかったです。

そしてガットギターを真面目にやり直したい願望も、、。

 

つい先日発表されたHELIX LT の動画でも話してますが、暗いステージでの視認性の高さもバッチリ。

 

生のギターアンプはもちろん大好きですし、「その音を体感して理解した上でのシミュレーター」には間違いないですよ。

そこ大事です。

 

しかし、サラ・オレインさんの才能と美貌には完全にやられました\(^o^)/

またいつかご一緒できたら嬉しいですね。

 

 

-LINE6, アンプシミュレーター, コラム ,テクノロジー,アナログ, ライブ
-, , , , ,

Copyright© Life with Guitar ギタリスト鈴木健治 , 2018 All Rights Reserved.