ギタリスト鈴木健治のオフィシャルサイト

Life with Guitar ギタリスト鈴木健治

ギターレコーディングの専門サイト

ギターレコーディングの事なら➔➔『鈴木健治 ギター宅録のススメ』

シングルコイルをハーフトーンにするかしないかの選択

投稿日:

オンラインマガジン「鈴木健治の宅録ギターマガジン」

今回はシングルコイルピックアップの使い方にフォーカスしてみます。

シングルコイルピックアップの分かりやすい特徴として、ハムバッキングのピックアップと比べると、トレブリー、すなわち高音域が出やすいことが言えるでしょう。

トレブリーであるゆえの利点は音のスピード感が出しやすかったりアタック感が出しやすいなど、色々あります。

しかし、それゆえの弱点もありまして、まずあげられるのは音が細くなりやすい、ノイズが乗りやすい、などがあるでしょう。

扱いにくい分いじりがいもあり。

ノイズが乗りやすく下手をすると音が細くなってしまいがちなシングルコイルピックアップですが、上手にコントロールしてやると幅広いサウンドメイクが行えるんです。

その代表的な使い方として、2個のピックアップを同時に鳴らす「ハーフトーン」があります。

今回はシングルコイル単体とハーフトーンの使い分け方法のアイデアを何パターンか紹介してみようと思います。

では、「シングルコイルをハーフトーンにするかしないかの選択法。鈴木式」いくつか解説していきましょう♪

 

この先更に詳しく読みたい方はnoteで登録〜購入して頂ければです。(1本300円、月額ですと2本〜500円)

こちらからどうぞ。

-note, ギターアンプ, 宅録ギター、音作り、機材。, 宅録ギターオンラインマガジン
-, ,

Copyright© Life with Guitar ギタリスト鈴木健治 , 2018 All Rights Reserved.